最新の研究例会

日  時: 2019年2月9日(土) 13:30 ~ 16:30
場  所: 文京シビックセンター
      東京都文京区春日1‐16‐21
会  場: 3階北 シビックホール会議室2
司会進行: 荒川友幸(当会世話人)
司会進行: 新井克之(当会世話人)
内  容:
13:00 開場
13:30 <第一部>発表(進行:荒川)
〔14:50 休憩:10分〕
15:00 <第二部>発表(進行:新井)
16:30  終了

<第一部>
表 題: 「中国人日本語学習者における日本語漢字の誤りについての研究」―漢字の字形を中心に ―
発表者: 劉哲(広島大学大学院文学研究科総合人間学博士課程)
要 旨:
漢字は中日共通の文字として、両国において長年使われている。そのため、日本語の漢字は中国人日本語学習者にとって大きな負担にはならないとしばしば考えられがちである。したがって、学習者は日本語の漢字を習得する際、音声と意味の勉強を中心にして、字形を軽視することが多い。本発表では、中国人日本語学習者における日本語漢字字形学習の現状を究明するために、中国の大学でアンケート調査を行い、調査結果によって中国人日本語学習者が誤りやすい漢字の種類および、漢字字形の誤りの要因を分析する 。さらに、中国人日本語学習者の漢字の習得順序を究明し、「中間字形」という概念から漢字教育への提案をおこなう。
 <第二部>
表 題: 外国人労働者の受け入れに対して、いま日本語教育関係者が知るべきこと
     ―インドの技能実習生送り出し機関の実態をふまえて(仮題)―
発表者: 氏家雄太(元JICA青年海外協力隊ボランティア)
司会: 新井克之(当会世話人)
2018年度末、入管法改正案が参院本会議で可決されたことにより、今後、日本国内におい本格的に外国人労働者の受け入れが拡大されることとなった。そこで、本発表では、海外インド・チェンナイ市の技術実習生送り出し機関(株)NIHON TECHNOLOGYで勤務していた氏家雄太さんの発表により、その日本語教育の経験と、現在国内に滞在している元学習者へのインタビューによる調査について報告を行う。これから、日本国内において加速度的に拡大するであろう外国人労働者の受け入れに対して、いま日本語教育関係者が知るべきことは何か。おさえることは何か。また、わきまえるべきことは何か。本発表を土台とした発表者と参加者とのディスカッションを通して整理していく。
 
参考URL
「インド、技能実習生を初派遣へ 南部チェンナイから日本に15人」【西日本新聞】
 16:30 終了予定
 
 参加費: 200円(会員) 300円(非会員)
費用は資料代・会場代として使用させていただきます。

お申し込みはこちらのフォームからお願いいたします。
 
 研究発表は、YouTubeによるライブ配信でもご覧になれます。
オンラインでのご質問も可能です。
【ライブ配信ページ】

 

 

Facebook


Twitter