最新の研究例会

29年度 第4回 研究例会

共催: 科学研究費補助金・基盤研究B

「日本語の漢字力評価の方法に関する研究」(研究代表者:加納千恵子)

 

 今年度第4回目の研究例会のテーマは、「漢字学習」です。来日後の日本語予備教育コースで初めて漢字を学んだお二人をゲストに迎え、それぞれの母語が異なる多言語クラスでの日本語学習を振り返っていただき、漢字を媒介とした気づきについて語っていただきます。

 

日 時:2018年3月17日(土) 13:30 ~ 16:00 (14:50-15:00 休憩)

場 所:エルアージュ(L-AGE)小石川 2F 集会室

      文京区小石川1-17-1 クイーンズ伊勢丹上

 

司会進行:小林基起(当会世話人)

 

表 題:漢字学習へのアプローチと評価の観点〜非漢字圏の日本語学習者・使用者の立場から〜

発表者:ハフィーズ ウル レーマン(鹿児島大学助教)

    フランシス イヴァン カンボス チンチア(元鹿児島大学非常勤講師)

 

発表要旨: 

日本語学習者の漢字力を評価する、といったとき、どのような観点から評価しているでしょうか。読み書きできる漢字の数、ある文脈の中で適切な意味の漢字語が選べる力、場面やジャンルに応じて漢字語を適切な形で使える力、既習の漢字知識から未習の漢字語の読みや意味を推測する力…初級から中級・上級へというステップアップをはかる上では、いずれも日本語力の一部として重要な力でしょう。しかし、一人一人の学習者の漢字への向き合い方はさまざまです。特に非漢字圏の日本語学習者にとって、母語とはまったく異なる文字体系、とくに漢字を学ぶということはどのようなことなのでしょうか。自分自身の母語や文化背景の中で漢字をどのように受け入れ、漢字を学ぶことによってどのような発見につながることがあるのでしょうか。今回は、来日後の日本語予備教育コースで初めて漢字を学んだお二人のゲストに、それぞれの母語が異なる多言語クラスでの日本語学習を振り返っていただき、漢字を媒介とした気づきについて語っていただきます。

 

内 容:

1 本テーマ趣旨説明(谷部弘子)

2 多言語クラスの学習者間のインタラクションから何が生まれるか(小林基起)

3 非漢字圏・非アルファベット圏の学習者・使用者の立場から(1)

ハフィーズ ウル レーマン(鹿児島大学助教)

[パキスタン・ウルドゥー語・理工系]

4 非漢字圏の学習者・使用者の立場から(2)

フランシス イヴァン カンボス チンチア(元鹿児島大学非常勤講師)

[コロンビア・スペイン語・医学系]

5 ディスカッション

 

参加費:300円

費用は資料代・会場代として使用させていただきます。

 

お申し込みは▼こちらのフォームからお願いいたします。

https://goo.gl/0GHea6

 

ご来場できない方は、ライブ中継をこちら↓でご覧ください。

オンラインで質問もできます。

 

【ライブ配信ページ】

 

https://youtu.be/2ZRUiWuRTKo

 

Facebook


Twitter