H24年度第5回 海外日本語教育研究会のご案内

【終了しました】
H24年度第5回 海外日本語教育研究会
■開催概要
・日時:2012年2月9日(土) 13:00~15:00
・場所:エルアージュ(L-AGE)小石川 集会室
    文京区小石川1-17-1 クイーンズ伊勢丹上
<ご案内>
今回は長期にわたり日本語教育に関係をお持ちのお二人の外国人の先生から、日本人の目からは見えずらい部分の貴重なお話がうかがえる機会かと存じます。ふるってご参加くださるようお願いもうしあげます。
<第1部>13:00~14:50
 ファシリテーター:小林基起
 参考資料: http://goo.gl/oxtQX
【1】 「中国語初級会話レッスン「問答と討論」の概要」
・発表者:張清華氏(JOCV二本松訓練所中国語担当専任教師、大連外国語大学ご出身
・資料1: http://goo.gl/eC4pg
 資料2: http://goo.gl/t5BIA
・内容:

短期集中語学の基礎訓練で聴解力と会話力の強化を要求される。ゼロスタートの初級基礎段階語学教育ではそれが難しいと思われがちだが、実践でそれができると証明された。長年蓄積された経験から、学習者のモチベーションを十分に引き出す初級基礎語学訓練の「問答と討論」導入をレッスン概要の形でその狙い、内容、進行に分けて具体的に紹介する。

 

【2】 「ルーマニアが求める日本語教師像--協力隊撤退を契機に見えたこと--」
・発表者:ロマン・パシュカ氏(ルーマニア日本語教師会会長、ブカレスト大学教師、早稲田大学大学院博士課程在学)
・資料: http://goo.gl/7feVj
・内容:
 学習者数に見るルーマニアの日本語教育の規模は大きいとは言えないが、めざましい発展を続けています。その発展を支えるのは現場で活躍する日本語教師であるが、ルーマニアは駐在・定住に関わらず邦人が非常に少ないため、現場で中心的な役割を担っているのはルーマニア人教師であり、これはルーマニア日本語教育の大きな特徴と言えるでしょう。
 本発表では、まずルーマニアにおける日本語教育を概観し、現場が求めている日本語教師の資格や専門性などについてふれます。

 

 ・参加費:300円

 費用は資料代・会場代として使用させていただきます。

 

 

◎詳細(地図あり)はこちらのページをご覧ください。

 

申し込みは▼こちらのフォームからお願いいたします。

http://goo.gl/XrGSz

 

以上

 

 

 

 

 

Facebook


Twitter